FC2ブログ

インドネシアの子供たち

デニムバカプロジェクトを通じて非常に多くの方々とお会いし
ご賛同をいただける事に、誠に感謝の気持ちと共に
プロジェクトの成功の重責を感じる今日この頃であります。
私どものインドネシアとの関わりをご説明申し上げておりますが
写真と共にブログでも色々とお見せして行こうと思います。




dbP1000790.jpg

バリ島にて
カメラを向けると物凄い目力で笑う子供・・・

dbP1000287.jpg

ジャカルタにて
あんまり可愛かったので、お願いして撮らせてもらいました。

dbP1000763.jpg

バリ島にて
おばあちゃんと子供。

dbP1000350.jpg

サマランにて
大型ショッピングビルを出ると物乞いに寄ってくる子どもたち。

dbP1000830.jpg

バリ島にて
いまだに残る旧型の民家ばかりの村にて撮影
歴史物として国により村自体が保護されており
観光のルートとはなっていますが、ほぼ訪れる人はおりません
家の作りなどの説明を受け、そこで売っているお土産を買えば
その家の収入となる仕組みであります。


決して裕福では無いこの国で生まれる子どもたち
当たり前すぎて口に出すのも憚りますが
子供は子供・・・
彼ら、彼女らは愛情を受けそこで育つことでしょう。

しかしながら
平等に学ぶことは非常に難しい国であります。
それを仕事を通じ、この国を訪れるたびに感じ
このDENIMBAKAプロジェクトのきっかけとなったのであります。

写真は行くたびに私が撮ったものでありますので
技術はもちろん、センスなんかも無視して頂けると有り難いです。

写真・・・と言えば・・・
当プロジェクトではイラストレーターの方と共に
フォトグラファーの方々のご賛同を多く頂いております。

先日もフォトグラファー可児様とある企画の打ち合わせをしてまいりました。
可児様には多大なるご尽力を頂いておりまして
このプロジェクトを言わばメジャーへ押し上げる企画を進行中であります。
可児様、ご協力誠にありがとうございます。

そしてもうひと方
フォトグラファー正岡様
多くのアーティストの方をご紹介いただいたり
現在は写真家の学校へプロジェクトの参加を打診して頂き
アマチュアカメラマンの方々のプロジェクト主旨に沿ったテーマでの作品を募集し
発表、製品化での企画を主催として進めて頂いております。
正岡様、ご協力誠にありがとうございます。

色んな方を通じてまた、さらに新たな出会いがあり
デニムバカプロジェクトへまだお名前を掲載していない
多くの方のご参加があります。
皆様にご賛同頂き、私自身発案者の立場ではありますが
逆に皆様にお力を頂いていると言っても過言ではありません。

全ては子供たちにスクールバスを買うために・・・
只今プロジェクトへご参加いただいている全ての皆様の想いであり
当社が取り組んできた根底であります。






スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

befinetomorrow

Author:befinetomorrow
□■NPO法人みんな地球の子どもじゃん■□
理事長 木村一雄
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
VISION
■子どもたちの心への支援
■子どもたちの希望を育てる
■子どもたちの力を信じる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード